田舎行かない?

人気の無い所が好きな管理人が田舎に行きたい度を高めていくブログ

【感想】ポツンと一軒家 3月15日part3【造成】

『ポツンと一軒家』1時間の放送でpart3まで来てしまいました。今回は福岡県の物件です。

実は来週はお休み、再来週3月29日18:57~『大改造‼劇的ビフォーアフター』とコラボ特番が放送されます。

2時間番組だったら私のブログは1週間ずっと『ポツンと一軒家』の感想で埋まってしまうかもしれません。

ちょうど先週の記事で「『ポツンと一軒家』と『ビフォーアフター』のスタッフはほぼ同じ」と紹介しました。だからってコラボすることになるとは思いませんでした。

hitokemu.hatenablog.comこれは楽しみ。

tver.jpTVerでは4月5日(日) 20:56まで配信中です。

知らないけど知ってるポツン

f:id:hitokemu:20200317205433j:plain

捜索隊が最寄りの集落で第一村人さんに話を伺ったところ、ポツンへの道と所要時間が分かりました。しかし名前もどんな方が住んでいるかも分からないそうな。となると、さらに分からないことが。

何故知らない人の家への道と所要時間が分かるのか?

ちょっとよく分かんないです。地図で確認してみると、このポツンは話を伺った最寄りの集落から南へ下るためには必ず通る道沿いにあります。ポツンの近くを通ったことがあるから名前は知らないけど家や所要時間を知ってる、ということなのでしょうか。

確かに特徴的な立地、佇まいの建物があったら目に付きますから。『ポツンと一軒家』が話題になる田舎ではポツンを見掛けたら意識するのかもしれません。

ポツンへの道

f:id:hitokemu:20200317213551j:plain

本当に綺麗な道です。林道なら石や枝葉が落ちているのが当たり前なのに、落ち葉1枚落ちていません。捜索隊が通った時はこの先に住むポッツン住人さんが熊手で掃除した直後でした。とても丁寧に掃かれています。私なら「こんな道の掃除なんてやってもやってもキリがない」と諦めるところ。

ついでに林道は地盤の変化や落石で変形し易いものなのに路面に凹凸が見られません。ネット上では狭くて走り難い道は『酷道(国道)』や『険道(県道)』と揶揄されますが放送を見る限りでは割と走り易そうでした。

f:id:hitokemu:20200317215731j:plain

ポツンへと続く道を舗装するために役場が生コンを支給してくれるなんてことが、それを自分達だけで均していくなんてことがあるとは驚きです。

驚きだけで終わらせないためにちょっと。

海外には行政サービスやインフラの恩恵を受けたいならこの範囲内に住んで下さいと指定される国や地域があります。こうやって人里離れたポツンのために電柱や道路を作ったり郵便や通販の配達をしてくれる日本は親切です。

何故かというと日本国憲法の中で居住移転の自由を保障しているから。

第二十二条
何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

ポツンに住むことは社会的には非効率でお金も掛かるんだけど、憲法に書かれたらもう北島康介なのです。つまり「何も言えねえ」のです。

土地すらもDIY

f:id:hitokemu:20200317225235j:plain

山に家を建てる手順。

①山を削ります。

②地中から出てきた岩で土留めの石垣を作ります。

③盛り土して平にします。

この作業を業者に依頼ではなく仲間と共にやってしまうポッツン住人さんが凄い。ここに来るまでは福岡の中心部で居酒屋を営んでいたとのこと。素人なのに造成しようという発想が凄い。

f:id:hitokemu:20200317230238j:plain

造成した土地に、これまたポッツン住人さんら家族4人で家を建ててしまいました。皆建築経験がないのに家を造ろうという発想が凄い。

DIYを楽しむポッツン住人さんは大体窯を作る。これ豆知識です。そしてそこで子供や孫、仲間と共に過ごします。都会だけではなく田舎にも高齢でもリア充はいるのです。

こんなに活動的なポッツン住人さんが心筋梗塞で1度心肺停止したことがあると言います。電気ショックで蘇生したものの、生死の境を彷徨った経験から生き方が大きく変わったそうな。

何かが起きたら悪い方ではなく必ず良い方に考える、と。例えば倒木で道が塞がれてしまったら「大変だ」「面倒だ」ではなく「チェーンソーの腕前を上げられる」と、強引にでも良い方に考えるようになりました。 

生きてる日々を無駄にせず、幸せに過ごすこと。学び多い放送でした。