田舎行かない?

人気の無い所が好きな管理人が田舎に行きたい度を高めていくブログ

【感想】ポツンと一軒家 3月8日part1【ビフォーアフター】

今週も『ポツンと一軒家』のお時間です。テレビ番組表を見て「岡山県の1軒だけか」と期待薄めで視聴していたら、想像以上に盛り沢山の内容でした。取材先が凄すぎて、これは1時間丸々放送するのも納得です。

その前に『今週の知らない方』のコーナーのお時間でもあります。

中村橋之助さんは歌舞伎役者、高橋ひかるさんは『おんな城主 直虎』にも出演された若手俳優です。中村さんが熊スキーを公言してらっしゃいました。いくら好きでも野山で遭遇したくはないでしょう。人間同士でも適切な距離感ってありますから。

tver.jpTVerでは3月15日(日) 20:56まで配信中です。

短い捜索パート

「急傾斜の蛇行した道」という車で山を登るなら当たり前のことでしか煽れないほど、何も起きませんでした。第一村人さんからポッツン情報を聞き出せたので迷うこともなく、時間にして約5分30秒でこの捜索は終了しました。

尺を稼げる捜索パートをこんなに早く終わらせて大丈夫? というのは杞憂でした。むしろ後のポッツン住人さんのために早く終わらせた感すらも。

「家造るのが趣味」

もし「家造るのが趣味」と言われても「古民家のプラモデルとか人形用の家ですか」と聞き返します。まさか実際に住める建物を5棟も造るとは信じられません。

f:id:hitokemu:20200309125648j:plain

なんということでしょう!? トタンの波板で囲った倉庫が家族5人で暮らせる立派な一軒家となったではありませんか。

f:id:hitokemu:20200309134523j:plain

なんということでしょう!? 飾り気のない無機質なプレハブが焼板と緑の屋根で古民家風に生まれ変わりました。

という1人ビフォーアフターやっています。ちなみに『ポツンと一軒家』と『大改造!!劇的ビフォーアフター』はほとんど同じスタッフが作っています。

jump.co.jp

道も庭も造る

先程捜索隊が通ってきた1.5kmの山道について

「急傾斜の蛇行した道」という車で山を登るなら当たり前のことでしか煽れないほど、何も起きませんでした。

と表現しました。これはテレビ的には面白くなくとも、実用的には素晴らしいもの。ポッツンスタッフが「崖がー」「ガードレールがない!」を出来ない道は良い道です。

f:id:hitokemu:20200309135101j:plain

それを造ったのもポッツン住人さん。彼は数百本の松の木を伐採し、ブルドーザーで道を均して舗装したといいます。 

hitokemu.hatenablog.com以前紹介した『セブンルール』の中でも林業会社が山の中に道を通していました。アレを素人の個人でも造ってしまえるものなのかと。

f:id:hitokemu:20200309140104j:plain

庭の噴水やピザ窯、壁に至るまで目に付く人工物は大体ポッツン住人さんが造ったそうな。1人鉄腕DASHもされています。

他の物件だったらもっと時間を掛けて「どうして、どうやって造ったんですか?」と掘り下げるであろうものをサラッと流してしまう辺りに撮れ高の多さを感じます。1時間に収めるため泣く泣くカットした場面も多いのでは?

 

というわけで今回はここまで。

これでもまだ番組の半分まで到達していないところに内容の濃さが伺えます。1放送1物件でちょっと残念に思ったあの頃が遠い過去のことのよう。

次回はポッツン内部と住人さんが何者なのかを紹介していきます。